寒くなると、フェイクファーのブランケットが、あなたが望む厚手の暖かさを与えてくれます。しかし、フェイクファーは少々扱いにくいという話は聞いたことがあるでしょう。フェイクファーを傷つけるのは簡単ですが、そのような損傷を防ぐために手入れするのも同じくらい簡単です。フェイクファーは、適切に手入れすれば一生使えるユニークな生地です。

洗濯:手洗いと洗濯機洗い

手洗いの利点:

  • フェイクファー製品の寿命を最大限に延ばすのに役立ちます
  • 自然な光沢を保ち、ふわふわ感を保つのに役立ちます

手洗いのデメリット:

  • より多くの時間と労力がかかります 
  • 大きくて重いフェイクファーのブランケットやコートを手洗いするのは本当に大変です

手洗いの手順:

  1. 洗面器または浴槽に冷たい水を半分ほど入れます。
  2. フェイクファーを水に浸します。数分間浸した後、振り洗いします。石鹸を使う必要がある場合は、刺激が少なく天然の石鹸を使用してください。強力な洗剤や漂白剤はフェイクファーを永久に傷める可能性があるため、使用しないでください。
  3. シンクまたは浴槽に冷水を満たし、その後空にします。
  4. 残った洗剤やゴミを取り除くために、数回すすぐ必要がある場合があります。
  5. 清潔なフェイクファーを絞らず、圧縮したり押したりして水分を取り除きます。
  6. フェイクファーのブランケットは、バスルーム、開いた窓の近く、または屋外(ただし直射日光は絶対に避けてください)に掛けてください。フェイクファーの家具の空気循環が良ければ、それだけ早く乾きます。
  7. 合成毛皮は乾燥すると、ブラシでとらえるまで変な感じがすることがあります。幅広の櫛で毛皮を元の位置に戻してください。

さて、フェイクファーを洗濯機で洗う方法に移りましょう。フェイクファーは洗濯機で洗えないとどこかで読んだことがあるかもしれません。でも、それは必ずしもそうではありません。フェイクファーのお手入れで避けたい一番の問題は熱です。そのため、フェイクファーを洗濯機で洗う場合は、必ず冷水で洗い、高温の乾燥機は避けてください。 

洗濯機のメリット:

  • どうやら自分でやる手間が省けるようだ 
  • 大きくて重いフェイクファー製品に関しては、これが唯一の選択肢かもしれません

洗濯機洗いのデメリット:

  • 適切に行わないとフェイクファーを傷める可能性があります

洗濯機での洗濯手順:

  1. フェイクファー製品を取り出し、振ってほこりを取り除きます。
  2. 洗濯機をデリケートコースに設定し、冷水のみを使用してください。
  3. 洗濯機に自然乾燥機能がある場合は、それを使って乾燥させてください。フェイクファーは大量の水を吸収するため、ブランケットを 2 度脱水する必要がある場合があります。乾燥機を使用する必要がある場合は、フェイクファーの熱による損傷を避けるために、最低温度設定を選択してください。
  4. 毛皮を幅広の櫛でブラッシングして元の位置に戻します。乾いたら、毛布を振ってふわふわに戻します。

フェイクファーブランケットの乾かし方

フェイクファーは、上記の洗濯オプションで説明したように、吊るして乾かすか、機械で乾かすかのどちらかが可能です。フェイクファーを乾かすときは、熱や直射日光を避けるように注意してください。 

フェイクファーブランケットを保管する最良の方法

フェイクファーは湿気のない乾燥した場所に保管することが重要です。フェイクファーは本物ではなく、通常は合成繊維で作られているため濡れることがあります。また、湿気によって縮れてしまう可能性があり、見た目が悪くなります。


フェイクファーは、ガーメントバッグや容器などに入れて保管するのが最適です。他の衣類の間に詰め込みすぎると平らになってしまうので、ファーのふわふわしたボリュームと見た目を保ちたいものです。容器やガーメントバッグが見つからない場合でも、ファーが呼吸できる十分なスペースがあることを確認してください。そうです、フェイクファーも呼吸する必要があります。 


最後に、フェイクファーを常に光、日光、熱にさらされる場所に保管しないでください。日光に過度にさらされると、生地が変色したり、繊維が損傷したりする可能性があります。そのため、再び使用する準備ができるまで、暗い場所に安全に保管してください。